MENU
「ヤミ金対応」ウォーリア法務事務所

自分の手を汚さずに、ヤミ金と手を切る方法があります

ヤミ金相談所

確かに、闇金から借りたのは自分だよ。

すぐ返すつもりで借りた。

 

でも、今は毎週の返済に追われ、元金の何倍も返済したのに終わりがまったく
見えない!
それに、我慢ができないのが、しつこい闇金の取り立てと、嫌がらせ。

 

独り身なら夜逃げもありだけど、家族や親族に迷惑がかかるので、それもダメ
いったいどうしたら良いのか・・・

 

 

大丈夫!あなたのために闇金被害(取り立て・嫌がらせ)と戦ってくれる人がいます

 

闇金融から借りた理由は人それぞれ。
◆ 違法なヤミ金とは知らずに借りてしまった。
◆ 自己破産し、どこからも借りれなくてヤミ金に手を出してしまった。
◆ 数日間したら返済できる予定だったので問題ないかと思って・・・
などなど、その結果としてたどり着く先は悲惨であることは同じです。闇金の代表的な金利であるトサン、トウゴで借りていれば、
いくら返済しても終わらない・・・となります。

 

3万円をトサンで借りたら10日で3割ですから9000円、トウゴなら10日で5割の金利ですから15000円にもなり、1年間借り続けた場合に支払う金利は、トサンで328,500円(年利1095%)、トウゴなら547,500円(1825%)の驚くべき高金利です。

 

法律では、特別に質屋が年利109.5%。一般的なクレジット会社系、消費者金融系のキャッシングならば年利20%が上限になります。
これらと比較すると、いかに闇金融が違法な高金利で搾り取っているかがわかります。

 

ヤミ金業者

返済が延滞した場合、違法な彼らに貸金業法による取り立て制限などは存在しませんから情け容赦のない取り立て、嫌がらせが始まります。

 

日夜関係なく、繰り返される取り立ての電話と集金。自宅や職場そして親族、ときには隣人にまで害が及びます。
した覚えのない出前の注文。かけてもいない救急車の出動依頼電話。などの嫌がらせ

 

こうした取り立て・嫌がらせ行為はすべて、貸金業規制法で規制・禁止されていますが、無認可の闇金業者が守るはずがありません。
その結果、闇金被害者は電話や物音、人影に怯え、恐怖と不安の中で生活することになります。

 

 

あなたは今のままで良いのですか? 何もしなくても闇金の取り立て被害はなくなると思いますか?
それで家族の将来に責任を持てるのでしょうか・・・

 

もし、あなたが『あ〜ァ、何とかしたい!でも闇金のことを誰にも相談できない』っと悩んでいるのなら、

 

大丈夫!相談できる強い味方がいます。

 

 

【闇金問題を相談できる組織や専門家】
まず上げられるのが警察、消費生活センター、法テラス、貸金業協会、そして弁護士、司法書士です。
これらには、それぞれメリット・デメリットがありますので、自分が置かれている状況に応じて選択する必要があります。

《相談先》

《 内 容 》

《 メリット 》

《 デメリット 》

警  察

全国の市町村に配置されている国内最大の組織。 24時間緊急対応してくれます。相談及び解決は無料です。 傷害・脅迫・器物破損など事件性があるものにはスピーディーに対応してくれますが、それらの証拠が無い場合や事件性が無い場合には対応がにぶい。借金問題などの民事に関して警察は介入しないとの原則があるためです。
消費生活
センター
全国の市町村の役場が窓口になり、消費者の困り事や苦情の相談を受けています。 住居地の役場が相談窓口ですから比較的親身に相談に応じてくれます。 闇金問題は経験・知識がある相談員が少なく、基本的には弁護士や司法書士を紹介することになります。
法テラス 借金、離婚、相続などの法的問題で悩んだとき、解決に必要な情報やサービスの提供を行い解決できるように「道案内」してくれる機関です。 国の機関ということで相談費用は不要です。経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、無料法律相談や必要に応じて弁護士・司法書士費用などの立替えもしてくれます。 法テラスは相談機関であって問題解決部隊ではありません。よって解決に当たっては弁護士・司法書士を紹介してもらうことになりますので、二度手間になり解決までの時間がかかることになります。
弁護士
司法書士
警察と近い存在の弁護士・司法書士は闇金業者にとって煙たい存在です。法律を無視して商売している彼らでもトラブルを起こして目を付けられるのは避けます。 何といっても解決までの時間が短くて済むことです。早ければ闇金被害者から依頼があった当日、90%以上の案件が数日以内で解決できます。家族や職場など秘密裏に解決できることも嬉しいことです。 解決を依頼すれば費用が発生すること。闇金業界に精通し、豊富な経験と解決実績があり、専門的に扱える弁護士・司法書士が少ないことです。ただ、できる弁護士・司法書士は全国の闇金問題に対応しています。

 

次は、闇金取り立て、嫌がらせを中止させるための相談先を選ぶ参考資料です。

 

時間をかけても良いのであれば警察や法テラスは費用負担がありませんからおすすめです。
しかし、『今すぐ、闇金とは縁を切りたい』と思うのであれば闇金対応している弁護士、司法書士がベストでしょう。

 

依頼先

依頼の効果

解決スピード

費 用

司法書士 大いにある 早ければ即日、90%以上は数日以内 安価(1件あたり50.000円が相場。複数であれば割引もあり)
弁 護 士 大いにある 早ければ即日、90%以上は数日以内 司法書士よりも高い(1件あたり50.000円〜。受任費用も別途必要な所もあり)
警   察 事件性がなければ小さい

傷害、脅迫など事件性が高ければ大きい

事件性がなければ遅い

傷害、脅迫など刑事事件性が高ければ早い

無料
公共機関相談窓口 小さい 闇金との直接はせず、弁護士、司法書士に紹介されるので遅くなる 無料だが解決するためには紹介された弁護士や司法書士の費用がかかる。

 

この段階で悩むのが自分の条件に適した弁護士、司法書士をどうやって探すか。時間も費用も掛けたくないし、かといって知っている専門家はいないし・・・・もし、そうなら
この悩みの解消はいたって簡単、複数(2〜3)の弁護士あるいは司法書士にそれぞれ相談することです。

 

もちろん、相談相手は誰でもよいわけではなく、闇金業界に精通し、解決した経験と実績がある専門家でなくてはなりません。
もし、あなたが身近に同様の弁護士もしくは司法書士がいなければ、次に闇金問題で多くの被害者を救っている闇金に特化した弁護士、司法書士事務所をご紹介します。
いずれも、闇金解決経験と実績を持っている事務所です。1日でも早い検討をおすすめします。

 

全国対応 闇金対策の専門家 @ 全国対応 闇金対策の専門家 A

ウォーリア法務事務所

ウォーリア法務事務所

ヤミ金業者に対しては熱血交渉で有名な法務事務所です。『依頼者と共に戦う正義の司法書士』をスローガンに違法なヤミ金から依頼者を守ります。

弱い立場のヤミ金被害者にとっては心強い味方ですから安心してご相談を。


ウォーリア公式サイト

ウォーリア司法書士事務所

エストリーガルオフィス

エストリーガルオフィス

この法務事務所が多くのヤミ金被害者に支持されている理由は『スピード解決と丁寧な対応』にあります。
依頼を受ければ当日にも、遅くとも90%以上は数日以内に解決してしまうほどです。まずは、無料相談でお確かめください。
受付は平日9:30〜21:00


専用フリーダイヤル

0120-599-008

全国対応 闇金対策の専門家 B 全国対応 闇金対策の専門家 C

 

ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所

ヤミ金問題には早くから取り組んでいて、業界では老舗的な存在です。豊富な経験と2万件を超える実績はトップクラス。
『ヤミ金には一切返済はしない』を合言葉に違法なヤミ金と戦っています。
相談は無料!依頼するようになっても手持ちが厳しいなら費用の相談も可。


公式サイトはコチラから↓

ジャパンネット司法書士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

この法律事務所への依頼が多い理由は『ヤミ金問題の解決が100%』だから。依頼を受ければ最短即日にも解決できることも。しかも費用は弁護士業界ではとってもリーズナブルです。
まずは、365日、24時間対応の無料相談でお確かめください。


公式サイトはコチラから

ウイズユー司法書士事務所

 

闇金案件を扱っている所は、ほとんどがフリーダイヤルで無料相談を受けていますから何件でも、何十分電話しても、あなたに費用はかかりません。もちろんスマホからでもOK。また、メールでの相談も無料が多いです。

 

この中から自分の状況・条件に適した所を選び、闇金解決を依頼すれば良いでしょう。心配なのは依頼費用だと思いますが、相場的には闇金業者1件あたり5万円前後です。
支払方法に、後払い、分割払いができる所もありますので無料相談の時に確認しましょう。

 

安らぎ

依頼費用の5万円ほどをどう考えるかですが、このままでは闇金へ無期限に払い続けなければならないことを考えると、とっても安い
買い物だと言えます。

 

何よりも、闇金による恐怖の取り立てが即時停止されるのが一番のメリット!
追われる毎日から解放されますし、最終的に闇金問題が解決すれば家族の安らぎを手に入れることも、未来に思いをはせる力も湧いて
来ることでしょう。

 

正規金融会社と闇金融の見分け方

闇金融を利用している方の中には、正規金融機関の1つだと騙されて利用し、その被害に苦しんでいる人達がいます。
その様な被害が増えないように、闇金融と正規の金融機関とが判別する方法をいくつかご紹介しますので参考にしてもらえれば幸いです。

 

まずは、【契約前と契約後に判明する場合】
◆ 聞いたことがない会社名である
◆ チラシなどの広告に、ブラックOKや保証人不要等の誘い文句がある
◆ 相手と電話で話すときに電話口が騒がしいと感じる
◆ 契約などは店舗ではなく、すべて電話で行う
◆ 申し込み時に家族構成、家族・親戚の連絡先や勤務先まできいてくる
◆ 希望金額ではなく、小額からの融資となる
◆ 業者の確認のための折り返し電話が携帯番号である(まれに転送電話やIP電話を利用した固定回線もあり)
◆ 契約のキャンセルを言うと違約金、キャンセル料等を要求する
◆ 契約書や領収書を発行しない

 

次は【契約して貸付金を受け取る段階と、返済する時に闇金融と分かる場合】
◆ 返済金の振込名義が個人名義である
◆ 借入の際、事務手数料等の名目で数千円を天引きした金額を振り込む
◆ 返済期間が1週間〜15日と短い
◆ 返済金額が貸付けられた金額の5割増しから数十倍にもなる
◆ 返済用の口座番号を振込日当日でないと教えてくれない

 

 

一般の登録金融機関であれば融資をする際に家族や親戚の連絡先などは要求しません。それに、さも希望の金額が融資できそうだと、におわせて個人情報を聞き出し借り手の希望に反し、少額の融資になっても断れない状況にします。

 

分かり易いのが、店舗を構えていない金融機関は基本的に闇金融だと考えてよいしょう。

 

借金することがバレないよう遠くの地域にある金融機関や、金融店舗に出入りしなくてもよいネット金融それに電話勧誘で貸付ける業者を利用したい考えは理解できますが、それらの業者も闇金融です。

 

冷静に考えればお分かりだと思いますが、まともな金融会社なら貸し手と借り手が一度の対面もなく、電話一本で契約書も交わさず、法定金利で融資してくれるはずがありません。
闇金被害の無料相談の紹介サイトはコチラからもどうぞ!